カプセルと瓶と葉
  • ホーム
  • 勃起が発生するメカニズムについて

勃起が発生するメカニズムについて

男性の皆さん必ずと言ってもいいほど勃起ってしたことがるはずです。
勃起する時はありとあらゆるタイミングで起き、たとえば朝に勃起する朝立ち、睡眠中に少し性的な内容のものを見ると勃起したりしますよね。
この勃起は自分の意思で立つ時もあれば自分の意思にそぐわずに立てしまって、時に厄介な場合もありますよね。
ではなぜ男性は勃起してしまうのかを今回は詳しく説明をしていきたいと思います。
どのようにして、男性のペニスは勃起が発生してしまうのでしょうか。そのメカニズムが気になりますよね。
それでは勃起する時はどんな時なのかを紹介していきますね。
一番人間が勃起する瞬間というのは、性的な刺激を受けた時です。
それは体で受けた性的刺激もあったり、目で受け取った性的刺激でも男性は勃起してしまうことがあるのです。
なかには耳で受け取った性的刺激でも興奮してしまう人が中にはいるそうです。
では勃起が発生するメカニズムを解説していきます。
まず男性のペニスには海綿体というものがあります。
海綿体はペニスの中にあるもので、らせん状になっていると言われています。
その海綿体に血液がいくことで、その海綿体が大きく膨れ上がって、勃起というのが生じるのです。
海綿体には陰茎深動脈というのが通っていて、それが海綿体の毛細血管に血液がいくと大きくなるという仕組みなのです。
特にペニスをもっと大きくしたいという人は、この陰茎深動脈に血液を効率よく、そして大量に行き渡せる必要があります。
このことを実現してくれるものがあります。それがPDEと呼ばれるのもです。
これは海綿体の毛細血管に血液の量を増大させる効果があります。
ペニスを大きくしたい人や、最近勃起の調子が悪いという人は、このPDEを使用することで、ペニスを拡大させたり、勃起がしなくて悩んでいる患者さんたちを救うことができるのです。
なので、一度勃起のことで悩んでいる人は、PDEを使ってみてはいかがでしょうか。

朝立ちが続くことに問題はある?

男性の方なら朝起きるとこんなことを経験したことはありませんか。それは朝になるとペニスが立っていて目覚めたという経験。
思春期の男性なら朝立ちが治るまで布団の中から出られない経験をしたことがあると思います。
でも、あの朝立ちって毎日続いたり、なかなか治ることがなくて体に何か病気でもあるのって不安になることがたまにありませんか。
今回はその朝立ちの問題について詳しく説明していきます。
まず朝立ちが起きるメカニズムを説明します。
朝立ちというのは、朝睡眠から目覚めるとペニスが立っていることを朝立ちといいます。
正式名称は夜間勃起現象といわれていて、体の仕組み上朝立ちしてしまうのはおねしょを防止するためなどという説があります。
いま医学界で言われている一番信ぴょう性がたかい理由が、勃起をすることで、勃起をしない日を作らせないと言われています。
毎日勃起をすることで、EDになったりしないように体が意識していなくても、なるような仕組みになっています。
では、朝立ちがこのように毎日続いても本当に大丈夫なのでしょうか。こたえは、問題ありません。
朝立ちが毎日続いたり勃起がおさまらなくても、体には何も支障をきたすことはないんです、でも逆に朝立ちをしなくなったというひとはEDを少し疑わなければいけません。
これは男性器の機能が正常に働かなくなる症状のことで、特に中高年の人に多く見られる病気です。
これはED治療薬を服用することで、簡単に治すことができるので、もし朝立ちをしなくなったという人は、一度病院に診察しにいったほうがいいかもしれません。
このように、朝立ちがずっと続いたりしても、体には何も害がないことがわかったかと思います。
でも、逆に朝立ちがしなくなったなあという人はEDを疑った方がいいかもしれません。
EDは治療薬を服用すればすぐに治すことができます。

関連記事